お得なブログ。FC2版

世の中には情報が多すぎるからこそ、それが必ずしも必要な人に届いてないと思うんです。そこでブログを通して、僕が知ってるお得情報を必要としている誰かに届けたい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
昨年、花粉症から脱出に成功しました。その方法を細かくお教えします。

話は長くなるので、どうすれば花粉症が治るのか最初に書いておきます。そしてその理由を逆に話を遡ることにしましょう。

必要なのはオリゴ糖です。甘いシロップなのでヨーグルトに混ぜてお召し上がりください。ヨーグルトはガセリ菌SP株を使っているメグミルクのナチュレ恵がオススメです。付属の砂糖は料理にでも使ってください。高価な健康食品やサプリメントを試される前に、まずオリゴ糖を試してみてください。


オリゴ糖シロップ最安ランキングはこちらです。

今現在の価格をランキングで確認してみると送料込みの最安価格で498円。まとめ買いをすればもっとお安く購入できますし、近くのスーパーやドラッグストアでも手に入ることもあります。皆さんがお求めやすい方法で入手してください。すべての人に効果があるとは断言できませんが、安いので「ダメもと」で始めてみてください。

マスクや鼻炎薬に結構な出費をしていた方々には、そんな安価なアイテムで簡単に花粉症から脱出できるなんてにわかに信じられない人も多いでしょうが、効果は僕自身が実証済みです。僕の場合、劇的な効果がありました。

僕自身は、昨年の3月には恒例の花粉症に悩まされましたが、「ヨーグルト&オリゴ糖」生活を始めて1週間ほどで効果が現れ、無数にかんでいたティッシュの数が減り始め、そのうち日に数えるほどとなり、4~5月はマスクなしで快適に過ごすことができました。今はもう花粉症の心配はしていませんが、あまりに調子が良いので、そのままアンチエイジングのために続けています。

他にも嬉しい誤算が。始めて3日目で自分の部屋が臭わないことに気がつきました。体臭の変化です。「オヤジ臭」、いわゆる加齢臭がなくなりました。肌に油が浮いてくる感じも激減しました。終わった後のトイレの臭いも少なくなりました。オナラの臭い、ガスの量も減りました。鼻をかむことはありますが、以前のような辛い鼻づまりはなく、鼻クソというものもなくなりました。顔の血色が良くなり、くまが薄くなり、肌にハリが戻るらしく、以前から気になっていたホウレイ線も薄くなりました。全体的に若返って見えると自分では思っています。

その変化を感じる度に調べてみると、オリゴ糖にはいろいろな効果があることが分かりました。花粉症以外にオリゴ糖が効果があると言われるのは、大腸ガン予防、糖尿病、高血圧、アトピー、アレルギー全般、便秘、低体温・冷え性、体臭や加齢臭、ニキビなど肌の吹き出物、肩こり、鼻炎・蓄膿症、リウマチ、皮脂の過剰な分泌...など様々。ですからメーカーによっては特定保健用食品認定を受けているものもあります。

オリゴ糖は整腸機能を持っていて、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、腸の働きを活発にさせます。腸内酵素の働きで健康な腸内は体の中で最も高温になります。ということは体全体の体温もまた腸内の善玉菌によって影響を受けています。「体温が上がれば免疫力が何倍」という話は皆さんもよく耳にしていることでしょう。何倍なのかは諸説あるのでここでは限定しませんが、「体温が上がれば免疫力が上がる」ことは間違いのない事実なのです。

なぜ砂糖ではなく、オリゴ糖なのでしょうか?砂糖は胃酸で分解されてから腸に届くのですが、オリゴ糖は分解されずに腸に到達して善玉菌であるビフィズス菌の餌となってビフィズス菌が増えるのを助けてくれます。便秘や下痢などに悩む人の多くはビフィズス菌そのものが少ないので、ヨーグルトを食べて補給してあげると更に効果的です。ヨーグルトは「生きて腸まで届く」がキーワードのプロバイオティクスという菌のヨーグルトを選びましょう。特にメグミルクのナチュレ恵には、腸内定住型のガセリ菌SP株が使用されているのでオススメです。ヨーグルトに付属の砂糖は使わず、オリゴ糖をかけて朝晩に食べると効果的です。

同じ甘い味でも砂糖は逆に腸内環境を悪化させる原因になります。他に腸内環境を悪化させる原因となるのは、カフェイン、アルコール、多量の肉類、動物性脂肪、ストレス、睡眠不足、運動不足などです。どれもこれまで「体に良くない」と言われているものばかり。でもよくよく考えれば「腸内環境に良くないから、体に良くない」ということなのです。もちろんこれらは花粉症にも悪い影響を及ぼします。なるほど夜更かしした後などは、花粉症は酷い症状を引き起こしますし、コーヒーを飲んだ時は良くても、その後鼻水が止まらなくなることもありました。しかしその時は、まさかそれらが花粉症を悪化させる要因だとは気づいていませんでした。

先日、友人を招いてパーティーをすると、次の日にはくしゃみが止まらず、鼻水がダラダラでした。連日の夜更かし&寝不足、脂っこい食べ物にアルコールと、食後のコーヒー、そして食後のヨーグルトを忘れてました。しかし僕は慌てません。オリゴ糖の量を増やし、次の日の昼ごろには鼻水が止まりました。一日の適量はティースプーン4~5杯と言われていますが、その日は大さじ3杯ほどに増量しました。

最近増えているのが、朝食を食べない習慣の人々ですが、これは花粉症や便秘になりやすい環境を自ら作っているようなものです。食事をすると腸のスイッチが入り、ぜん動運動が始まって腸内活動を助けます。ところが朝食を摂らないと、前日の夕食後から半日以上も腸のスイッチが入らず、前日食べたものがずっと腸の中に滞ったままです。必然的に腸内環境は悪化し、腸内温度が下がり、悪玉菌が増えて、さらに腸の活動は鈍くなる、という悪循環に陥ります。ストレスなど仕方なく便秘になってしまうならともかく、自分から便秘の悪循環を作り出す必要はありません。新陳代謝も悪くなります。

朝食を摂らない人の多くが、起きたばかりで食欲が出ないというのが理由だと言っていますが、そういう時こそ「ヨーグルト&オリゴ糖」を食べてください。ヨーグルトには酸味があるので、食欲が出ない時でも結構食べれるものです。またダイエット中で朝食を抜いている人も「ヨーグルト&オリゴ糖」にしましょう。子供用の小さなお茶碗のご飯でちょうど100グラムで165キロカロリー、ヨーグルトなら100グラムあたり65キロカロリーと、約5分の2ほどのカロリーですのでオリゴ糖をかけてもカロリーは多くありません。もちろんご飯をしっかり食べるのに越したことはないのですが、何も食べないよりはヨーグルトを食べたほうが良いに決まっています。美しく痩せるコツは、「食べながら痩せる」です。

「花粉症デビュー」という言葉あるように新たに花粉症になる人は増えながら、反対に花粉症が治ったという話はなかなか聞きません。つまりどんどん日本人の花粉症になる割合が増えているということです。それはきっと、今の日本人の一般的な生活が、花粉症になりやすい生活だからではないでしょうか。
ストレス、夜更かし、食習慣の変化、運動不足、朝食抜きの生活などが花粉症に陥る根本的原因だとすれば、なんとなく腑に落ちるというものです。

これまで特にお腹も痛くならないし、自分が便秘っぽいとは思ってもみませんでしたが、オリゴ糖生活を始めて正しい便通を知ると、なるほど今まで軽い便秘だったのだと分かりました。それが花粉症のアレルギーを引き起こしていたのでしょう。
僕の周りで花粉症の人にオリゴ糖を手渡し、試してもらいましたが、ほぼ全員が「改善した」そうです。「まあまあ改善した」という2人は、コーヒーがやめられずカフェイン摂取量が多い傾向がありました。「分かっていても、やめられない」と自認している方々です。

コーヒーをやめられない皆様には、カフェイン抜きコーヒーをオススメします。カフェインは高温でコーヒーを抽出する際に多く出るので、水出しコーヒーにはカフェインがほとんど含まれません。挽いた豆を水に浸して長時間置き、フィルターで漉してから、温めればできあがり。カフェイン少なめで、コーヒーの香りが楽しめます。緑茶や紅茶、ウーロン茶も低温抽出なら良いと思います。
「甜茶が花粉症に良い」と言われるのは、カフェインが含まれないからでしょう。「甜茶が効く」というのではなく、「甜茶のほうが良い」と言うのが正しいようです。
僕はノンカフェインの麦茶にしています。温かい麦茶も美味しいですよ。

花粉症の場合、免疫力が上がるから改善するのではなく、別の理由があります。花粉症は腸内環境が悪化して異常をきたし、吸収しなくて良いはずの「異種タンパク」というものを間違えて体内に取り込むことが原因で引き起こされると言われています。この「異種タンパク」がスギ花粉に酷似してるために、体は花粉に強烈な拒絶反応を示します。マスクなどをして花粉を避ける方法が一般的ですが、根本原因である腸内環境の改善が最も効果的でしょう。

アトピーなどのアレルギーもほとんど同じ原因のようで、腸内環境を改善し、本来の正しい腸機能を取り戻すことが重要です。WHO(世界保健機関)の記事を読んだ時、「衛生的なはずの先進国でアレルギー症患者が増えている」とありました。原因として「先進国の母親は忙しく、なるべく早く母乳から離乳食に切り替える」ためであろうとし、「精神的な面からも、なるべく長い間、授乳することを薦めたい」とありました。この記事には「オリゴ糖・腸内環境」というキーワードは出てきませんでしたが、母乳にはオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整えていることを考えてみれば、辻褄が合うと思いませんか?

オリゴ糖は母乳に多く含まれていて赤ちゃんは頻繁に摂取できるので、赤ちゃんの腸内環境は善玉菌ほぼ100%。逆に歳をとると減っていき、老人の腸内環境は善玉菌5~10%。赤ちゃんの便は黄色くあまり臭わないのに較べて、老人の便は黒っぽく臭いが強くなるのは腸内環境のせいです。ビフィズス菌のような善玉菌が減り、大腸菌やウェルシュ菌のような悪玉菌が増えるからです。老人に便秘が多いのも腸内環境で説明できます。

「老いれば腸内環境が悪くなる」と、これまで書いたことを逆に考えると、腸内環境を若く保ち続けることができれば体全体を若く保てるとも言えます。つまり腸こそが私たちの体をコントロールしていて、そしてもし腸をコントロールすることができれば健康そのものをコントロールすることができるのです。

玄米や有機野菜を食べ、動物性のものを一切食べず、コーヒーやアルコールのような刺激物や白い砂糖を口にしないライフスタイルを「マクロビオティック」と言いますが、それもやはり腸内環境を整えて身体の調子を整えようという試みで、アレルギーなどに効果があり、ハリウッド女優や有名ミュージシャンの影響もあって、日本でも広まりつつあります。

しかしマクロビオティックは制限が多いため、一緒にいる家族などの同意が得られないと徹底するのは難しいものがあります。それに較べれば、食後にヨーグルトとオリゴ糖をデザートとして食べるというのは非常に簡単なので長続きしやすいと思いませんか?

オリゴ糖使用による副作用は、使い過ぎると逆にゆるくなってしまう場合があるので、少しずつ増やして適量を見定めてください。もともと下痢が多くゆるい人は適量を守りさえすれば、これまでより改善するようです。
「便秘に効く」「下痢に効く」というのではなく、「腸の働きを整える」のがオリゴ糖の効果なので、どちらの方にも有効です。
すでに善玉菌が多く腸内環境が良い人にはあまり効果が感じられないかもしれません。

オリゴ糖を薦めた友人が「あれから太った」と言いましたが、オリゴ糖は胃酸で分解されず大腸で吸収されにくいので、表示されているカロリーほど摂取カロリーが多くなく、あまりカロリーを気にしなくても良いはず。太るのはオリゴ糖のせいにはできません。腸が活発になれば基礎代謝が上がるので、消費カロリーが増える可能性だってあるはずです。彼の場合、食べすぎです。

いろいろな健康情報が世の中に溢れ、何を信じて良いのか分からず、効果が出ないと「もっと高いお金を出すほど効果があるに違いない」と錯覚して、さまざま試してみましたが、「これって効いているんだよね!?」というものばかり。1年間の4分の1をマスクをして過ごすことになる花粉症にほとほと参り藁をも掴むつもり、インターネットで花粉症の原因を探り、対処法を調べ、ダメでもともと、次は何を試そう...なんて思いながら試したオリゴ糖に救われ、花粉症が治るだけでもありがたいのに他にも嬉しい効果が重なり、健康になってみると「健康ってスゴク大事」とひしひしと感じています。オリゴ糖を健康食品とかサプリメントと言って良いのか定かではありませんが、「初めて効果を実感できる」健康食品・サプリメントに出会えました。

僕の知っている情報で、一人でも多くの人が花粉症を克服していただければと切に願うばかりです。


その他の症状については...
蓄膿症の原因ともなる鼻炎そのものがアレルギーに由来していることが多く、アレルギーの改善が蓄膿症の改善へとつながります。オリゴ糖でも効果がない場合は、口呼吸が原因かもしれません。鼻呼吸に変えることで、アレルギー改善・免疫力が上がると言われています。

腸そのものの病気で、便秘が大きな原因となる大腸ガンが腸内環境と密接な関係にあることは言うまでもありません。人間は栄養をすべて口から摂取し、その大半を腸が受け止め、分解・分別・吸収を行います。ですから体全体を巡り栄養を送り届ける血液にも腸内環境が深く関わっています。高血圧や糖尿病などお門違いとも思われる循環器系疾患でも、腸内環境を改善する治療が注目を浴びています。

血管には多くのバイパスが存在し、血液が必要な場所に優先的に送られる仕組みになっています。悪玉菌が増え、腸内酵素の働きが不活発になると、腸内温度が下がり、体全体も低体温になります。肉体は腸内発酵を助けるためにバイパスを使って腸周辺に温かい血液を集めようとします。すると四肢へと向かう血液は減り、冷え性を起こします。外気が冷たくなると、四肢へ送られた血液はラジエター効果で冷やされて戻ってくるので、余計に手足への血流量を制限することになります。腕に送られる血液が血行不良になれば肩こりも発生しやすくなります。僕の周りでは、花粉症の人はほぼ全員冷え性・肩こりでした。もちろん僕も含めて。

リウマチはホルモン系・泌尿器系の原因とともに、消化器系・循環器系の不調も大きな要因とされています。骨の変形は戻りませんが、腸内環境を整えることで間接周辺の腫れを防ぎ、痛みを軽減することができます。

人間の体の中で最も臭いのが腸の中ですから、腸内環境と体臭は表裏一体と言えるでしょう。特に腸が老いれば、「お爺ちゃんのにおい」と言われる加齢臭がするのは当たり前です。加齢臭は耳の後ろの肌・首の後ろから分泌される皮脂の臭いとも考えられているので、便秘などを改善し皮脂の分泌が減れば臭いも激減します。

便秘が美容の大敵であることはご存知だと思いますが、腸はもともと栄養を吸収するのが仕事のため、長く滞った廃棄物であるはずの腸内の便からも、不必要な脂肪やら汚れやらを吸収してしまうことがあります。そういった汚れが血液に混ざり体を巡り、ニキビなどの吹き出物、過剰な皮脂、目やにや耳垢、鼻づまりとして分泌されるのです。腸内のインプットが間違っていれば、肌に表われるアウトプットも間違ってしまうのです。1日1回の便通を取り戻しましょう。赤ちゃんのサイクルはもっと早いですよね。赤ちゃんのような肌を目指すなら、赤ちゃんのような腸内環境を手に入れましょう。



この記事が、あなたのお役に立てたならこのボタンをクリックしていただければ幸いです。


Windows 7搭載ノートPC販売ランキング TOP10はこちら
Windows 7搭載デスクトップPC販売ランキング TOP10はこちら



大型ハイビジョン液晶テレビ最安ランキング!!
32インチ ハイビジョン液晶最安値ランキングはこちら。
32インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
37インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
40インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
42インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
46インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
47インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
52インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
55インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
57インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
60インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。
65インチ フルスペック液晶最安値ランキングはこちら。


ブルーレイレコーダー最安ショップを探せ!~ソニー最新5機種最安比較!はこちら
ブルーレイレコーダー最安ショップを探せ!~シャープ最新4機種比較編~はこちら
ブルーレイレコーダー最安ショップを探せ!~パナソニック最新7機種比較編~はこちら
ブルーレイレコーダー最安ショップを探せ!~東芝最新2機種比較編~はこちら

25GB ブルーレイディスク最安ランキング(1回録画用)
50GB ブルーレイディスク最安ランキング(1回録画用)
25GB ブルーレイディスク最安ランキング(繰り返し録画用)
50GB ブルーレイディスク最安ランキング(繰り返し録画用)




新作続々入荷

ティファニー専門オンラインショップ

ショップはこちら













ネットスーパー始めました!



スポンサーサイト

テーマ:花粉症対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dumbbellex
  • Author: dumbbellex
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

ウィジェット

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

QRコード

QR

プロフィール

dumbbellex

Author:dumbbellex
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

最近のコメント

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。